【愛知】全面万華鏡が美しい|西尾市のガラス美術館

ガラス美術館 三河工芸


愛知県西尾市にあるガラス美術館三河工芸。
三河というのは愛知県内の地方の名前になります。
三河地方と呼ばれています。
(三河にも西三河、東三河があり西尾市は西三河になります。)

スポンサーリンク

駐車場
この止まれの方向へ車を進めて行くと、美術館前の駐車場へ行けます。
入口が少し狭いので注意しましょう。
入るのが難しいようであれば、写真左の方に見える駐車場にも停める事ができます。
美術館前の駐車場は写真1枚目を見ていただければ分かると思います。(左奥が駐車場)

館内の様子

1階で受付をして2階が人気の万華鏡、3階が展示物を置いてあります。

写真に書いてある通り、ヒールや汚れた靴を履いてる方は履き替えになります。
※エレベーター無し

~カメラについて~
一眼レフ・ミラーレス・自撮り棒(ジンバル) 持ち込み不可
小型カメラ
(GoPro等) 持ち込み可

映画とてっぽう展示館

世界中の映画に使用された銃と同じモデルの物を展示しています。
私が鑑賞した映画の物だけ撮ってきましたので紹介します。

エグゼクティブ・デシジョン

ターミネーター2

イレイザー

ターミネーター2

マッドマックス

トゥルーライズ

プライベートライアン

他にもたーくさんありました!
見るだけの物ですが中々楽しめました。

万華鏡


万華鏡コーナーはとっても人気で土曜日の閉館1時間前でさえ30分~40分待ちとなっていました。
子連れは他1組で、あとはカップルや高齢夫婦がいました。
案内のスタッフはおらず、前の1組が退出したら入るシステム。
音楽が流れている間は中で撮影ができます。
約2分~3分間でしょうか。
何回も撮影したい方は並び直す必要があります。
前の方が退出したかはモニターでも確認ができます(^^)

子どもはやはり動くのでとっても撮るのが大変(^^ゞ
でも並び直す気力もない…
もういいや(笑)
一瞬すごく光るのでびっくりしてました。
万華鏡はとても綺麗♪

スポンサーリンク

まとめ

館内の撮影を解禁することによりすごく有名な観光地になったそうです。
1階では体験イベントのようなものも行っていました♪

万華鏡エリアは人気で待ち時間が発生しますので
待たない為には平日や早朝に行くなどの工夫が必要みたいです。


美術館 | 三河工芸ガラス美術館 | Mikawakougei Glass Art Museum
愛知県西尾市にある三河工芸ガラス美術館の公式サイトです。

住所         444-0326 愛知県西尾市富山町東郷5
TEL         0563-59-3334
開館時間   10:00~17:30(最終入館17:00)
休館日      月曜日・第1火曜日
入館料     大人(中学生~)720円/小人(小学生)460円/幼児(3歳~)310円


ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました